CoreTweetを使って認証→ツイートしてみる【C#】

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!みなぐちです!
昨日仮想通貨の取引所に登録しまして
そのうち仮想通貨関係の記事を書こうと思っております!

てな感じでつらつらとブログを書いているわけですが
肝心な「Twitterクライアント開発」の日記をまだ書いておりませぬ…

それが目的でこのサイト始めたんですけどね…w

ってなわけで!今日はC#のNuGetパッケージで入手できる「CoreTweet」を使って
認証からのツイートをするプログラムを作ってみましょう!

プログラム作業

詳しい解説はこの後行いますので
まずは解説通りに手順を進めてください

①なんでもいいのでプロジェクト作成
プロジェクト作成

②CoreTweetを導入します
[ツール]→[NuGetパッケージマネージャー]→[NuGetパッケージの管理]
NuGetへ

③「CoreTweet」と検索し、インストール
インストール

④フォームにちゃちゃっとボタン2つとテキストボックス1つ設置
ボタンはPIN発行用と認証用で2つ
テキストボックスはPIN入力用に1つです
ボタンとか配置

⑤PIN発行用に作成したボタンをダブルクリックし、イベントハンドラを作成
PIN発行イベントハンドラ作成

スポンサーリンク

⑥名前空間に「using CoreTweet;」を記述
名前空間に記述

⑦PIN発行用ボタンのイベントに以下のプログラムを記述
PIN発行プログラム

⑧続いて認証用ボタンをダブルクリックし、イベントハンドラを作成
認証イベントハンドラ

⑨以下のプログラムを記述
認証とツイートイベント

解説

今日私が記述したプログラムは以下になります

以下、細かい解説です

ここで「CoreTweet使いますよー」って宣言してます

ここではボタンをクリックするとPIN発行のページをブラウザで開くようにしています。

ここでテキストボックスに入力されたPINコードを読み取り、各人特有のトークンを発行します。

そして「認証成功」とツイートさせます

以上が今回のプログラムの説明です

まとめ

いかがでしたか?

プログラムの解説なんて初めてなもんで分かりやすく説明できているか微妙なものですが…
もっとわかりやすく説明できればいいんですけどねぇ…

この記事でCoreTweetの基本的な使い方が理解できたのなら幸いです。

え?CoreTweetってそもそも何なのかって?
そのうち記事にします!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です